ホーム   »  祭り
Category | 祭り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ふれあいクラブ 第5回ひな人形展」 2013

いよいよ今年は、明日4月3日(水)までの開催期間が迫った、ひな人形展について改めて紹介させて頂きます。お近くで可能な方は是非ご覧くださいますよう、ご案内致します!

私の姉と、親しい同好の人達が、20年前頃から始めたもので、現在は、赤名酒造会社さんの御好意で5年前から入り口回りを借り陳列するようになりました。開催期間は、毎年3月30日(土)~4月3日(水)の5日間です。島根県飯石郡飯南町 酒つくり交流館 「ふれあいクラブ 第5回ひな人形展」

s-2013-331DSCN0684.jpg


色々な意味で区切りの年となったこの春には、この時期に、一度故郷の町に戻ってみたかった



s-2013-331DSCN0661.jpg

それは、7年前に帰省した時に地元の「道の駅」で偶然見た手造り雛人形。時期は、全国的なひな祭りからひつ月ずれた4月3日をひな祭りとして祝う風習がこの町にはあり、その時も、お彼岸を過ぎた頃でした。





s-2013-331DSCN0668.jpg

私の姉と、親しい同好の人達が、始めたもので、道の駅で陳列させてもらっていたとか。やがて、仲間達も増え、もう少しスペースのある所として、赤名酒造会社さんのご好意で5年前から入り口回りを借り陳列するようになった。以来今回で5回目を迎えます。



s-2013-331DSCN0674.jpg


s-2013-331DSCN0687.jpg


s-2013-331DSCN0689.jpg


s-2013-331DSCN0672.jpg


s-2013-331DSCN0694.jpg


s-2013-331DSCN0697.jpg


s-2013-331DSCN0701.jpg


s-2013-331DSCN0702.jpg


s-2013-331DSCN0711.jpg


s-2013-331DSCN0732.jpg


s-2013-331DSCN0708.jpg


s-2013-331IMG_4914.jpg


s-2013-331IMG_4910.jpg


s-2013-331IMG_4837.jpg


s-2013-331IMG_4840.jpg


s-2013-331IMG_4870.jpg


s-2013-331IMG_4848.jpg


s-2013-331IMG_4927.jpg


s-2013-331IMG_4932.jpg


s-2013-331IMG_4943.jpg


s-2013-331IMG_4953.jpg


s-2013-331IMG_4956.jpg


s-2013-331IMG_4954.jpg


s-2013-331IMG_4995.jpg


s-2013-331IMG_4963.jpg


s-2013-331IMG_4989.jpg


s-2013-331IMG_4971.jpg


s-2013-331IMG_4983.jpg


s-2013-331IMG_4960.jpg


s-2013-331IMG_4949.jpg


s-2013-331IMG_5011.jpg


s-2013-331IMG_5025.jpg


s-2013-331IMG_5042.jpg


s-2013-331IMG_4998.jpg


s-2013-331DSCN0725.jpg


s-2013-331DSCN0679.jpg


s-2013-331DSCN0763.jpg
スポンサーサイト

中之島ウエスト「冬ものがたり 2012」~OSAKA光のルネサンス

師走の夜は大阪の風物詩光の祭典
今年は、中之島西エリアのイベントが多彩だ。
大阪市役所を基点に中之島バラ園方面にかけての従来の
OSAKA光のルネサンス~御堂筋エリアととても広範囲に
バラエティな光の祭典となっているのが今年の特徴
正直一日ではとても回りきれないので、何度かに分ける事とし
12月16日(日)は、京阪電車 中之島線終点大阪国際会議場のある
「中之島」で降りて、まず、西エリアで開催の
「中之島ウエスト冬ものがたり2012」に行ってみる事にした。
メインプログラム 12月14日(金)~25日(火)
会場:ほたるまち港周辺  中之島ダイビル~中之島フェスティバルタワー

IMG_9036.jpg
  
        2012・12・16(日)朝日放送ABCリバーデッキにて撮影

IMG_8950.jpg


IMG_8965.jpg






京阪電車 中之島線終点 「中之島」から堂島川沿いに大阪市役所方面を目指す
リバーサイドに繰り広げられる光のイベントを楽しむ、時間と共にアップします!

IMG_8878.jpg

   京阪「中之島」駅から地上に出て堂島橋方向を見ると夜空に三日月そしてツリー



IMG_8879.jpg


IMG_8883.jpg

      堂島橋から玉江橋方面を望みます



IMG_8902.jpg


IMG_8938.jpg


IMG_8947.jpg


IMG_8957.jpg


IMG_8954.jpg


IMG_8967.jpg


IMG_9121.jpg





IMG_9056.jpg



IMG_9022.jpg



IMG_8985.jpg


IMG_9161.jpg


IMG_9163.jpg


IMG_9173.jpg


IMG_9179.jpg


IMG_9186.jpg


IMG_9204.jpg


IMG_9209.jpg


IMG_9211.jpg


IMG_9240.jpg


IMG_9273.jpg


IMG_9287.jpg


IMG_9298.jpg

神戸ルミナリエ2012「光の絆」

ウエブリブログ メール白書しろう「 神戸ルミナリエ2012「光の絆」」
より、続きます!

神戸・大阪・京都 で、今ではすっかり定着し年々内容が充実してきている
冬の三都光のファンタジアのひとつ大阪では、光と水のハーモニー
「OSAKA光のルネサンス」が、12月14日(金)スタートします。 
京都では、古都の情緒を灯りが存分に幻想世界を演出の「京都・嵐山・花灯路」
は、既に、12月8日(土)よりスタートを切っています。

神戸では、光の芸術「KOBEルミナリエ」が、12月6日(木)より、一番に
スタートしています。今頃は、各地で光のイベントが盛んですが、今年で18回目を迎える
神戸ルミナリエは、こうしたイベントの先駆けでもあります。
そして阪神淡路大震災犠牲者への鎮魂と震災復興再生を象徴する行事です。
何度も開催の継続が危ぶまれた時期がありました。たとえ100円でも、足を運び
懸命に声を張り上げるボランティアの持つ募金箱に直接入れてあげたい、、
その思いで、今年も行きました。

IMG_7971.jpg

             2012・12・13(木) 東遊園地会場にて撮影


IMG_7960.jpg






ルミナリエ会場へは、色々な行き方がありますが、私の場合は(大東市在住なので)
JR住道から、学研都市線~東西線経由で普通電車「西明石行き」に乗ります。
時間はかかるけど、確実に座って行けますし、乗り換えもなしで「元町」に着きます。
元町についてからは、ガードマンの誘導に沿っていけば、迷うことなく会場まで
いけます。この日を、時間で追っていきます。

IMG_7742.jpg

              大丸神戸店あたりから、点灯にむけ、並び始めます。


IMG_7744.jpg

              ここも、暗くなるに従い綺麗に浮かび上がってきます!


IMG_7748.jpg




点灯時間を1時間勘違いした為、一時間余り、待機です。

IMG_7762.jpg

              点灯前の回廊骨組み


IMG_7765.jpg



IMG_7772.jpg


IMG_7773.jpg


IMG_7767.jpg
 
           そろそろという雰囲気が伝わってきます。


IMG_7769.jpg


IMG_7771.jpg

    ガードマンの口から、「もう点灯ですよ!}
    声が回りに伝わり、みんな正面の回廊に注目!


IMG_7774.jpg



        点  灯!!!

IMG_7778.jpg
       一斉にシャッター音!!




争うことなく、皆、冷静に前に進む!

IMG_7804.jpg


IMG_7847.jpg


IMG_7826.jpg


IMG_7877.jpg


IMG_7895.jpg


IMG_7907.jpg


IMG_7908.jpg


IMG_7913.jpg





今年も、僅かですが、寄付させてもらいました!

IMG_7923.jpg

「ルミナリエの灯は、消さないで!」 懸命な訴えは、心に響きます!


IMG_7931.jpg





IMG_8249.jpg


IMG_8200.jpg


IMG_8290.jpg


IMG_8308.jpg


IMG_8359.jpg



IMG_8441.jpg


IMG_8403.jpg


IMG_8100.jpg


IMG_8081.jpg


IMG_7951.jpg





ルミナリエを見終わった後、JR三宮へと向かいます。
三宮周りのクリスマスイルミネーションもなかなか良いです!

IMG_8448.jpg


IMG_8455.jpg


IMG_8482.jpg


IMG_8474.jpg


IMG_8467.jpg


IMG_8137.jpg

第14回高槻ジャズストリート 2012

今年も燃えました、ジャズスト、正直天気が不安定だったので、つい、傘を差しながら
会場巡りを思ったら躊躇った瞬間もあった、けど、電車の飛び乗り
車窓を見ながら行き先を決めようととにかく出発。
梅田から、阪急電車で行く事にした。
阪急高槻駅に到着し、ホームから改札に向かう時からジャズサウンドが
響き渡る中、既に気持ちは高揚し浮き浮き気分、それが味わい為だ。(笑)

s-IMG_3168.jpg

5月4日(土)高槻ジャズストリート2日目
この阪急高槻市駅高架下広場会場がとりわけ一番のお気に入りの会場です。
Soulbleed Electric〔jazz/6人〕による
パワフルなサウンドで、メロメロ状態でカメラ構える!
(タイミング良く最前列で、、)




  第14回 高槻ジャズストリート
 開催日時 2012年5月3日、4日
  会場 阪急高槻市駅、JR高槻駅周辺46会場


s-IMG_3154.jpg


s-IMG_3174.jpg


s-IMG_0074.jpg


s-IMG_0097.jpg


s-IMG_3188.jpg


s-IMG_3199.jpg

いやぁ~本当に久しぶりにかぶりつき状態で生バンドを体ごとドラムス、ベースの響きを
思いっきり受けての感動のひと時でした!






それでは、阪急高槻到着直後から、順にアップします!

電車を降りてから、絶えずホームの床を揺らせ響かせていたのは
この会場からのパワーサウンド!(高槻到着は2時半過ぎでした。)


s-IMG_3134.jpg

(阪急高槻市駅コンコース会場にて)
HUG KICK LEEの白熱のプレーです!

s-IMG_3139.jpg


s-IMG_3139.jpg


s-IMG_0061.jpg

ペットのハイトーンが耳を心地良く刺激、バスドラムの切れの良いリズムが
体を揺らす、丁度よいエコーがここにはある。まずはこの会場で釘付け状態
ぐるりと気に入った場所がチョイス出来る楽しさもここの魅力です。



(阪急高槻市駅前噴水会場にて)

s-IMG_3144.jpg

GORIYORODUO!のduoシックなサウンド。。








このデュオのあとは、いつものパターンですが、もう一度阪急ホーム側に戻り、阪急高槻市駅高架下広場を目指します。演奏と演奏の切れ目が一番良い場所確保の時間です。広場に到着し、ステージで入念にサウンドチェック中の女性ドラマーが目に入りました。運良くまだ、一番前には私一人位なら入り込む余裕がありました。
彼女を捉えよう!

s-IMG_3171.jpg

関西を中心に活動しているドラマー鳥垣 優羽のブログです



s-IMG_0073.jpg


s-IMG_0076.jpg


s-IMG_0078.jpg


s-IMG_3160.jpg


s-IMG_3178.jpg


鳥垣 優羽(TORIGAKI YU) 

ドラムプレイヤー


1990年4月大阪で生まれる。

5歳よりヤマハ音楽教室でドラムを習い始め、

中学より日本を代表するドラマー東原力哉氏に師事する。(プロフィールより抜粋させてもらいました)



高槻ジャズストリート記事はこのあとも続きます!

京都御所春季一般公開 2012

ウエブリブログ{メール白書しろう京都御所春季一般公開 2012より続きます!なかなかタイミング良く御所の中を見る機会が少ないので、このチャンスとばかり並び、入った。

s-IMG_0717.jpg

とにかく広い!少し痛みを感じながら
必死でみんなについて回った。日頃目にする多くの神社の原型がここにあった。
あ~ぁこの感じはあの神社、これはあそこ、、
と、思いながら回った。




s-IMG_0620.jpg

表のテント受付で持ち物検査を受け、入る。
ゆっくりと表を撮影するのも気が引けるくらい次々と入場者が、、




s-IMG_0626.jpg
 
日頃はしっかりと警備警察官が前に控え閉じたままの門がこの日はフルオープン
門をくぐってまず目に付くのは、沢山の枝振りの良い松、松、松、、

s-IMG_0635.jpg





s-IMG_0638.jpg



s-IMG_0645.jpg


続きます!

ここでも枝垂桜を見る事が出来ました!







春を呼ぶ、神戸南京町「春節祭」2012

メール白書しろう「神戸南京町「春節祭」2012年」より続きます!
辰年に因み今年は是非行ってみたかった。
本当は、23日からが本イベントですが、22日(日)のプレイベントも
十分楽しめた。南京町一角がすっかり中国の町と化した感じ。
通りは、各店々から食欲をそそる匂いが立ち込めつい財布と口が緩みっぱなし
少し行儀が悪いと思いつつ路地で立ち食い(笑)

s-IMG_8126.jpg

目の前で見ると凄い迫力!



s-IMG_6738.jpg


初めてみる47mの龍、一見の価値ありです!





s-IMG_8095.jpg

釣られて龍を追いかけます!



s-IMG_8101.jpg

そういえば、右ひざが痛かったはず、すっかり忘れて夢中でシャッター!



s-IMG_8107.jpg

まだまだ続く!



s-IMG_6718.jpg


振り返って写します!



s-IMG_6707.jpg


後ろからみてもやはり長かった!







実をいうと、47mの龍のパレードを待ち受けていたのですが
なかなか現れず、諦め帰ろうとして元町商店街をJR元町目指していました。
すると前の方から賑やかな音が聞こえ始め、もしかして、、
と、待ち受けると、やってきました!

s-IMG_8071.jpg

先頭を獅子舞隊が先導します!


s-IMG_8073.jpg


s-IMG_8076.jpg



s-IMG_8079.jpg

この獅子にかぶってもらうと縁起が良いそうです


s-IMG_8082.jpg


s-IMG_8085.jpg





そして47mの金龍、龍龍(ろんろん)が勇壮に練り歩きます!

s-IMG_8146.jpg




2012年 南京町春節際
旧暦で節句を祝う中国では旧暦のお正月を「春節」として盛大に祝います。
この時期の中国は爆竹が鳴り響き、祝い事には欠かせない龍や獅子が舞い踊り、大いに賑わいます。
南京町では旧暦の正月に合わせ、「春節」をアレンジして「春節祭」として開催しています。

大阪天神祭 宵宮 2011

日本三大祭のうち、なんと2つも近場で楽しめる、、
考えてみるととても恵まれた環境にまず感謝!
度重なる災害の年の今年は、やはり祭りで景気づけしたいところ
一時は自粛ムードだったお祭り、花火も心を奮い立たせるには
欠かせないものとしてここにきて祭りを一層盛り上げようと
気持ちが一つになってきた感じですね!
天神祭宵宮に出掛けました。



s-IMG_7605.jpg

願人の必死の願いよ届け! (7月24日(日) 撮影)
天満宮を出発した催し太鼓、氏地巡行の様子です





宵宮(7月24日)では、
4:00 - 打ち出し
催太鼓の一番太鼓と、続いてだんじり囃子の一番鉦が祭の開始を告げる。大門開門。
7:45 - 宵宮祭
本殿において人々の無病息災と鉾流神事の無事が祈願される。
8:50 - 鉾流神事 と続きますが、16:00からの氏地巡行まで正式な祭事はない。
各場所でいろいろな催事が執り行われている。

以下、大阪天満宮前の様子です。(7月24日 15:15 頃)

s-IMG_7346.jpg




s-IMG_7345.jpg




s-IMG_7357.jpg




s-IMG_7360.jpg





s-IMG_7402.jpg

氏地巡行前に、順番に天満宮境内で御祓い神事が執り行われているようです。








門前で待機する、どんどこ船木場小若一行

s-IMG_7377.jpg


s-IMG_7387.jpg





s-IMG_7396.jpg




s-IMG_7404.jpg



s-IMG_7409.jpg



s-IMG_7416.jpg



s-IMG_7444.jpg



s-IMG_7448.jpg






境内の中に動きが出始め、願人が見え始めました。

s-IMG_7453.jpg





境内で、催太鼓による「からうす」が始まりました!

s-IMG_7459.jpg







まだ、境内に入れない一般の人たちは、こうして門越しに中の様子を
うかがうばかりです、でも、迫力は十分伝わります。

s-IMG_7473.jpg



s-IMG_7492.jpg




s-IMG_7504.jpg




s-IMG_7525.jpg




手締めで、境内の神事は終わったようです

s-IMG_7536.jpg








境内での催太鼓による「からうす」がおこなわれたあとは、
人形船一行は、いったん外に出て、今度は船に乗り込み、
催し太鼓と獅子舞が氏地を巡行出発を待ちます。


s-IMG_7537.jpg





s-IMG_7539.jpg





一斉に船に乗り込みます!

s-IMG_7542.jpg




s-IMG_7544.jpg








催太鼓一行が、一足先に大門を出て、氏地巡行で、まずは、天神橋筋商店街方向に向かいます!

s-IMG_7555.jpg








催太鼓一行が、氏地巡行に向かった後は、いよいよ人形船一行が、
大門をくぐり境内に入ります!そして御祓いの神事が執り行われます

s-IMG_7563.jpg


s-IMG_7566.jpg



s-IMG_7577.jpg




境内の中では、同じく神事のあと、手締め

s-IMG_7585.jpg






一気に大門の外へと向かいます!

s-IMG_7588.jpg



s-IMG_7589.jpg





s-IMG_7591.jpg


催太鼓一行と同じく、氏地巡行に向かいます。




s-IMG_7593.jpg



そして、催太鼓一行と合流

s-IMG_7622.jpg




s-IMG_7630.jpg

追っかけも、このあたりまで、、、








催し太鼓について追っかけをしたあと、家に帰ろうと
天神橋に差し掛かったところで遭遇、撮りました。

s-IMG_7668.jpg




s-IMG_7638.jpg
橋の上から、通行の人たちも立ち止まり声援!
良い雰囲気です!



s-IMG_7642.jpg




s-IMG_7648.jpg



このあとも続きます!






宵宮(7月24日)
4:00 - 打ち出し
催太鼓の一番太鼓と、続いてだんじり囃子の一番鉦が祭の開始を告げる。大門開門。
7:45 - 宵宮祭
本殿において人々の無病息災と鉾流神事の無事が祈願される。
8:50 - 鉾流神事


神鉾講より推挙された大阪市立西天満小学校の6年生の男子の神童によって鉾流橋の水上より鉾を流す。元々は上記のように鉾が流れ着いた場所を御旅所と定めて祭礼を行ったが、御旅所が固定されてからはその役目は担っていない。

鉾流神事が終わると氏地巡行まで正式な祭事はないが、各場所でいろいろな催事が執り行われている。下記に記述。
16:00 - 氏地巡行
まず、催太鼓による「からうす」がおこなわれ、その後催し太鼓と獅子舞が氏地を巡行する。


ウキペディア百科事典より

祇園祭 2011 山鉾巡行

ウエブリブログメール白書しろう「祇園祭山鉾巡行 2011」
から続きます!
宵山の日も天気に恵まれたけど、一番のクライマックスにも神は味方してくれた!って思いでした。
地震、原発事故とすっかり天に見放された年かと一時はどうなるのか不安な日々を送ってきた。
その思いを見事に断ち切ってくれた、あの長刀鉾稚児の注連縄(しめなわ)の切り落とし神事。
そのあと繰り広げられた豪華絢爛山鉾巡行、暑さで、四条河原町交差点での辻廻しを見たあと
昼食を取ったあと、帰るつもりがあともう少し、もう少しと場所を変えたので、
結局、最後の片づけまで立ち会う事となった。


s-IMG_5827.jpg

先頭の長刀鉾の辻廻しが終わり、次は、霰天神山~孟宗山~芦刈山~
そして函谷鉾(かんこほこ)その後ろには油天神山(あぶらてんじんやま)、四条傘鉾、、、と続きます

今年の山鉾の順番は次のサイトで確認出来便利!
山鉾一覧(2011年巡行順)









32基の山鉾巡行を最初から辿ります!

s-IMG_5732.jpg

7月17日(日) 9時52分撮影
前方の山鉾が、やっと巡行を始めたのが分かると、回りの動きも慌ただしくなりはじめる
(少しでも条件良く見え撮影出来るところ求めて、、)






s-IMG_5733.jpg



s-IMG_5739.jpg






そして、京都府警パトカーが堂々と先導します!

s-IMG_5754.jpg




s-IMG_5785.jpg




先頭の長刀鉾

s-IMG_5788.jpg





辻回りは、結構時間かかりました

s-IMG_5811.jpg







霰天神山~孟宗山~芦刈山と。辻廻りが済み、
函谷鉾(かんやほこ)が辻廻りに入ります!

s-IMG_5827.jpg

すぐ後ろに油天神山、そして中央に月鉾が続きます!




函谷鉾の辻廻しも無事、クリア

s-IMG_5869.jpg






続々と山鉾が、四条河原町交差点を辻廻ししながら通過、、

s-IMG_5878.jpg





保昌山(ほうしょうやま)が、辻回しに向かいます!

s-IMG_5872.jpg

その後ろに月鉾、太子山、、、鶏鉾、、と続きます。





月鉾の辻廻し

s-IMG_5890.jpg




無事クリア!拍手が沸きます!

s-IMG_5905.jpg







太子山、木賊山(とくさやま)、鶏鉾、綾傘鉾そしてその後ろに菊水鉾が続いていますね!

s-IMG_5912.jpg

太子山の辻廻し、そのあとに木賊山(とくさやま)、鶏鉾が続きます!







木賊山(とくさやま)の辻廻し、そして鶏鉾が辻廻しに入ります

s-IMG_5922.jpg





鶏鉾も辻廻し

s-IMG_5957.jpg

あと、ひと息、、力入ります!
人垣でここからは見えませんが、車輪の下へ竹が敷かれ水がまかれ
人の力だけで数トンの鉾を廻す、、気が遠くなるような大変な技です




s-IMG_5954.jpg

地上からの高さは相当なもの
揺れる鉾の屋根の上で、何食わぬ表情
そして、いつも感心するのですが、桟に腰け、これまた笛を吹き通す姿
ひとつひとつが凄い技ですね!




ここまでで13基が四条河原町で辻廻しを終え次の京都市役所前、御池河原町での辻廻し
御池通を進み、御池新町でも辻廻しが繰り返されます。
全部で32基ですから、既に次の辻廻し先に移動する人も出始めます。
でも、人出が半端ではなく、一方通行があり、目的の辻廻し先に向かうのもなかなか、、
移動だけで時間を潰しかねません。
目的の辻廻し場所をまず決め、早めに場所確保が必要ですね。
今回は、辻廻しの迫力には欠けますが、前後の山鉾が見通せる四条河原町に最後の
南観音山の辻廻しまでとどまりました。



このあとも続きます!

祇園祭 宵山 2011

ウエブリブログ「メール白書しろう祇園祭 宵山 2011より続きます。
今までは、割と雨やら、台風の影響で、傘と縁が深かったけど、
今回は、全く心配が要らなかったのは、ラッキー!
終電車ぎりぎりまで、宵山を堪能した。

s-IMG_5455.jpg

7月16日(土) 宵山にて撮影

南観音山です
何回か祇園祭に出掛けるようになってから、自分なりに、好みの山鉾をまず目指すようになります。
南観音山さんは、私は最も好きな山鉾です。

山 と 鉾 の違いは

[祇園祭の 山と鉾 何がどう違う?
祇園祭の山鉾巡行を見る度に
不思議に思っていた ことがある。
山と鉾は 一体何が違うのか?
どう見ても 鉾の形をした 山があるんですが、
一体何をもって 山としてるのか?]
の疑問が分かるサイトです!


s-IMG_5453.jpg

硝子戸に映りこんだ南観音山さん





南観音山さんをまとめてみました

s-IMG_5464.jpg



s-IMG_5466.jpg



s-IMG_5471.jpg





直ぐ近くでは、このような席が、、

s-IMG_5492.jpg









宵山を、時間順にまとめてみました!


s-IMG_4184.jpg

京阪電車「祇園四条」で降り、四条通を、まず、長刀鉾めざします。
まだ歩道者天国まで一時間近くあります。
アーケードを押し合いへし合いしながらしていると、なんだか大声
新撰組がやってきた!


s-IMG_4189.jpg

突然の新撰組の隊列に、祇園祭気分が大いに盛り上がる!




s-IMG_4192.jpg

歩行中の人が新撰組を迎えます!
観光客の人たちは、大喜びでシャッター、シャッター





やがて黄昏が辺りをに包みこみます

s-IMG_4222.jpg







6時きっかりに、四条通は歩道者天国、両脇の歩道で待機していた人たちは
一斉に、それぞれの贔屓のところ目指します

s-IMG_4304.jpg






s-IMG_4312.jpg

縁起物のちまき等が山積みされ、どんどん売れていきます!






筋にはいると、色々なお店が並びます。
そして、そこには舞妓さんが、、

s-IMG_4324.jpg


s-IMG_4336.jpg


s-IMG_4344.jpg





かき氷屋さんも大忙し!
待ち時間30分くらい、でも、並んでいます!
私も釣られて、並んじゃいました。200円、安い!

s-IMG_4345.jpg




以下続きます!
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
Love Clock
グラフィカルとけい
Sweets
プロフィール

しろうⅡ

Author:しろうⅡ
「メール白書しろうⅡ」へようこそ!
ウエブリブログでも、同名ブログを立ち上げています。
生駒山の麓に住み大阪、京都、奈良、、、と近畿を中心に
主に電車を足に休み毎に歩き回っています。
合わせて宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
しろうⅡ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。